« 「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」(サザンオールスターズ,2006) | メイン | 「場所を生きる―ゲーリー・スナイダーの世界」(山里勝己,2006) »

「EPIC YEARS THE VIDEOS 1980-2004」(佐野元春,2006)

買っておいたっきり観ていなかったDVD、『EPIC YEARS THE VIDEOS 1980-2004』を観た。2時間以上あるものだから、まとまった時間をとって落ち着いて観たいと思っていた。
佐野元春がEPICレコードに在籍していた25年間に制作されたミュージック・クリップ集。1980年代初頭、まだ家庭用ビデオデッキも普及していなかった時代、いち早くその重要性に気づき日本ではじめてのプロモーション・ビデオをつくったというのは佐野元春ならではの逸話。テレビ番組でのパフォーマンスも数曲収められているが、数年前にフジテレビの音楽番組で演奏された8分以上におよぶロック・オペラ「ロックンロール・ナイト」(1982)が収録されていれば完璧だったのに。

このDVDがリリースされたのとちょうど時を同じくしておこなわれていた『ap bank fes'06』で、櫻井和寿率いるBank Bandが「SOMEDAY」(1981)を全3日間カヴァーしたという。このDVDに収めれている「SOMEDAY」は新旧いろいろなプロモーション・ビデオや「SOMEDAY」を唄うライヴ映像で構成されている。25年も前の曲だけれど、あらためて、なんて普遍的な曲なんだと思った。それどころか、この唄の歌詞じゃないけど、若かったころに聴くよりよっぽどリアルに感じてしまう。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)