« 2006年09月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月27日

「W-ZERO3[es]」こと「WS007SH」(SHARP)

ピッチを「W-ZERO3[es]」こと「WS007SH1(B)」に機種変更した。ちょうど機種変更の割増価格が解除される10ヶ月を見計らって、「京ぽん」こと「AH-K3001V(N)」(KYOCERA)から。
日本初のフルブラウザ(Opera)搭載端末の「京ぽん」は¥0で手に入れたので、それに比べたら今回は高くついた。だけど、¥24,800という価格は、現在のハイスペック・ケータイの相場をみれば格安といえる。

元PalmユーザとしてはWindowsMobile機には少々抵抗があったが、これも時代の流れ。お手軽に自由にカスタマイズできる端末の選択肢も多くない。プログラムマネージャ風のMDIに通信速度のスローさが相まって、Windows3.1全盛の旧き良きコンピュータ時代をほうふつとさせてくれる。やれることに限界があって、その限界を引き上げるためにあの手この手で設定をいじくって、また次の限界をめざすたのしさ。最近のコンピュータはあまりにも多機能すぎて付き合いがいがない。ケータイでさえ。突然暴走したって到底手の施しようがなかったりする。そのうちディスプレイの向こう側からこっちに命令してくるようになるんじゃないかと思う。

W-ZERO3[es]

2006年10月22日

くりはま花の国・コスモス園 2006 秋

ことしのくりはま花の国・コスモス園訪問は、予定が合わなかったりしたこともあって、最終日となった。おかげで、おそらくはじめて、最終日恒例のコスモス摘み取りの現場をみることもできた。
最終日となった原因のひとつには、これまた恒例の、開園期間中盤の悪天候による壊滅状態を回避して延期していたことがある。摘み取り直前の園内アナウンスでも、ことしはいちど全滅した旨を伝えていた。前半は前半で、背が高いだけで花が咲いていないという情報を得ていたので、なかなか足が向かなかった。

mc_2006102201.jpg

mc_2006102202.jpg

mc_2006102203.jpg

摘み取り開始のカウントダウン直後から雨もぱらつく天候だったが、そんないまにも本降りになりそうな空が影響したのかはわからないが、一面のコスモス畑はあっという間に刈り取られていった。昨今のガーデニング・ブームも手伝ってか、皆、かなりの装備できていたようだった。
すぐに楽しみたいひとたちはキレイな花束をつくっていたし、これから育てたいひとたちはつぼみの花束をつくっていた。

2006年10月20日

「TITAN WALK」(白山眼鏡店)

3本連続の白山眼鏡店製めがね。丁寧な造りは当たり前として、丁寧な検眼と丁寧な調整はさすが。
かなり大きめのタイプのため、顔のサイズからは不釣合いかも。イメチェン用予備めがねとしては全然オッケー。

TITAN WALK

オールチタン製。 \40,000(税込フレーム価格)。
 1  |  2  | All pages »