« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月12日

2008久里浜ペリー祭

11:44 はろーど通り(開国バザール会場)

はろーど通り

すぐ近くでおこなわれていたゴーオンジャーショーの余韻が冷めやらぬまま、フラダンスショーがはじまった。ゴーオンジャーショーのちびっ子の熱気とは反対に、こちらは落ち着いた涼しさがあった。このあとつづけて横須賀ベンチャーズのパフォーマンスがおこなわれた。
オープンが迫っているためイオンカードの募集コーナーがペリー祭の案内所のすぐとなりのかなり良い位置に陣取っていた。

14:24 市立横須賀総合高等学校 SEAホール(水師提督ペリー上陸記念式典会場)

市立横須賀総合高等学校 SEAホール

昨年のペリー祭は荒天のためこの水師提督ペリー上陸記念式典のみおこなわれた。この会場でおこなわれるようになったのも昨年からだ。一昨年まではペリー公園でおこなわれていたから会場の変更がなければ昨年も中止だったかもしれない。
このような式典は炎天下のなかおこなわれるより屋内でおこなうほうが賢明だろう。しかし、プログラムも内容も毎年ほぼ同じなのはいただけない。プロジェクターも使用できるしきっとネットワークの設備も完備されているのだろうから、もう少し趣向をこらしたものにしてもらいたい。

16:27 中央通り(日米親善ペリーパレード会場)

日米親善ペリーパレード

午後からは陽も陰り、だいぶ過ごしやすくなった。ペリー公園から京急久里浜駅まで、炎天下だとかなりしんどいと思う。
それにしても、1時間にもおよぶパレードで常に笑顔をたやさないのはすごいと思う。ペリーさんなんかは沿道の人々に少々大げさなサービスもしなければならないわけだし。

16:57 中央通り(みこし・山車パレード会場)

みこし・山車パレード

ことしから新たにお目見えしたみこし・山車パレード(昨年も予定されていたが荒天のため中止となった)。横須賀中央のみこしパレードと比べてはいけないと思うが、もう少し規模が大きければと思う。

19:34 久里浜海岸(ペリー祭花火大会会場)

ペリー祭花火大会

ギリギリまで陽が落ちず、いつもこんなに明るくて花火なんて打ち上げられるのかと冷や冷やさせられるこの花火大会。でも、前座といっては失礼だが花火大会開始前におこなわれる久里浜太鼓のパフォーマンスが終わるころには、いつもしっかり暗くなってくれる。そんな計算もできないわけないので間抜けな心配なのだが。
港の改良工事に影響されてか、フェリーの出入港に中断されるようになってから連射が多くなった気がする。しかし、同じ位置から打ち上げられると花火も同じ位置に重なってしまうので、撮影する側からするとちょっと厳しい(他の場所からではまた見え方も違うと思うが)。

21:31 海岸通り(ペリー祭花火大会会場)

海岸通り

花火大会終了後、わりとすぐに交通規制は解除されるわけだが、年に一度のお祭りである、当然みななかなか帰ろうとしない。露店は片付けの準備をはじめるしゴミはあふれているしで歩道は歩くのが困難になる。そこで交通規制が解除されるとかなり危険な状態になるのである。
そんなまさにお祭り騒ぎをよそに、関係者は後片付けや清掃に、まだまだペリー祭はつづくのである。ことしはイオンからもボランティアが出たとのことで、地域の支えになってくれる味方なら大いに歓迎だ。



2008年07月09日

「カーボン 813EX」(SLIK)

SLIKのカーボン三脚、813EXを購入。水準器がつかないのはけっこう致命的ではあるが、それをのぞけばとてもコストパフォーマンスが高い商品だ。

SONYのリモコン三脚VCT-870RMをビデオカメラ専用にして、813EXをスチルカメラ専用にする予定。もともと構えて撮るより手持ちで気軽に撮ることのほうが多いけど三脚を使わなければならなそうな場面もたまにはあり、それくらいの使用頻度だからこれくらいでちょうど良いはず。