« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月15日

平作川クリーン大作戦 2009 秋

今年の「平作川クリーン大作戦」は新型インフルエンザの影響もあって控えめな規模になったよう。ゴミの量も若干控えめになったのかな?

昨日購入したレンズ、「AF 70-300mm F4-5.6 Di LD MACRO 1:2 (Model A17S)」の試し撮りをした。同じタムロンの「SP AF 17-50mm F2.8(Model A16)」に似た写りだと思う。

mc_2009111501.jpg

mc_2009111502.jpg

mc_2009111503.jpg



2009年11月14日

「AF 70-300mm F4-5.6 Di LD MACRO 1:2 (Model A17S)」(TAMRON)

標準ズーム「SP AF 17-50mm F2.8 Di II LD Aspherical [IF] (Model A16)」、中望遠マクロ「SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (Model272E)」とα300用のレンズを購入してきた。望遠寄りが足りないのは明らかだったが、それはぼくの生活のなかではあまり必要のないものだったから後回しになっていた。

今回もタムロンのレンズを購入したのははじめからそう決めていたからではない。1万円以下の望遠ズームレンズという条件で中古レンズを探していた。中古レンズを購入するのははじめてだった。望遠レンズに対する思いがそれほど強いものではないことがここからもうかがえる。

「SP AF 17-50mm F2.8(Model A16)」も「SP AF90mm F/2.8(Model272E)」もその写りとコストパフォーマンスにはとても満足している。
「AF 70-300mm F4-5.6 Di LD MACRO 1:2 (Model A17S)」はタムロンのレンズの上級モデルをあらわす"SP"が付かないモデルだけに、上記2つのレンズよりは性能が劣ることは覚悟している。

AF 70-300mm F4-5.6 Di LD MACRO 1:2 (Model A17S)

これでα300用のレンズ購入はひと段落つけたいと思う。たぶん、これ以上のスペックのレンズを選択したところで本体がついてこれない。



2009年11月07日

秋の宮ヶ瀬ダム

小さな秋をもとめて宮ヶ瀬ダムへ。結果的に紅葉にはまだ早かったけれど、この時期までしかみられない観光放流がみられたしよかった。

なにかと話題のダムだけど、なきゃ困るものもあるわけで。宮ヶ瀬ダムはまさにうちの水がめでもある。
(利水にしろ治水にしろ、いまある以上に日本にダムが必要だとは思わないが。さいきん造ろうとしているものは治水のために必要とかいっているけど、ある程度自然のあるがままを受け入れないと結果的により大きな被害をこうむるのは周知の事実)