« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月13日

「NV-U3C」(SONY)

プジョー1007用にポータブルなカーナビを買った。知らない土地で道がわかれば良いので、なるべく安いのを選んだ。

はじめてクルマを買ってから8年目にしてはじめてのナビ購入。めったに知らない土地になんて行かないし、神奈川とか東京あたりなら土地勘もあるほうだと思うし、ずっと地図派をつらぬいてきたけど、あったらあったで便利だと思って。



次はマイクラにもつけなくっちゃ。
こっちはより実用というより、2DINを見栄えよく埋めたいという理由が大きい。

2010年03月06日

「冬の夢」(スコット・フィッツジェラルド,1922)

村上春樹はフィッツジェラルドの短編を「若き日の名作集」と「晩年の名作集」の2冊の短編集に分けて刊行するという。この『冬の夢』は「若き日の名作集」。「晩年の名作集」も近いうちに刊行予定だという。

「若き日の名作集」と「晩年の名作集」は長編「グレート・ギャツビー」(1925)を境に分かれるわけだが、短編集『冬の夢』の表題にもなっている短編「冬の夢」は「グレート・ギャツビー」の原型ともいえる作品だ。
サリンジャーの長編「ライ麦畑でつかまえて」(1951)と短編「気ちがいのぼく」(1945)の関係ほどではないにしろ。

ギャツビーは絶望のなかで死を選ぶけど、「冬の夢」の主人公デクスターはそこまではしない。
美しい夢を追って生きてきたけど、どこかでそれはもう手に入れることができないものだと知り、かつては抱けたはずの哀しみでさえもずっと昔に置き去りにされたままもう取り戻すことができないことに気づくのは同じ。